よくみかける脱毛クリームの成分に関する情報

チオグリコール酸カルシウム

 CAS登録番号814-71-1

 

パーマ液や除毛クリームに配合されている成分。
タンパク質でできているものに多少の影響が出る。ただし、ずいぶん前に国が除毛に効果があると認めている成分なので、歴史のある成分としてよく利用されている。

 

グリチルリチン酸2K

 CAS登録番号68797-35-3

 

初めに言っておくとこの成分は結構危険です。
グリチルリチン酸2Kには、ステロイド作用と呼ばれている作用があり、配合率が厳しく規制されております。
たとえばですが、お肌を白くするための化粧品に含まれているケースがあり、この原理がとてもカラダに悪いのです。
一昔前では、一時的に肌が白くなるということで流行していましたが、
デメリットとして、お肌が見るも無残な姿へ変わっていくという事例があるそうです。

 

大豆エキス

 CAS登録番号なし

 

その名前の通り、大豆から搾り取ったエキスのことです。
化粧品の成分として多くの商品に活用されており、イソフラボンやたんぱく質、サポニンなどの有効な成分が含まれております。
お肌にハリを与えるコラーゲンや、ヒアルロン酸を活性化するイソフラボンが多く含まれているので、アンチエイジングが期待できます。

 

アロエエキス

 CAS登録番号なし

 

アロエエキスとは、アロエの葉っぱから出る汁を搾って感想させてエキス状にしたものです。
やけどや傷の治り、便秘などを解消させる効能があると言われています。

 

セタノール

 CAS登録番号なし

 

皮膚を保護し、滑らかにして、べとつかない光沢を与えます。安全性の高い成分だが、まれにアレルギーを感じるということもあるらしい。
分類は高級アルコール。多くの商品などに使われているが、特にこの成分によって刺激を感じることは少ない。
アトピーなどを前提とした敏感肌用の化粧品にも使われることがあります。

美容成分のパイナップル豆乳除毛クリーム

抑毛剤として有名な豆乳ローションのように豆乳の成分をムダ毛にも肌にも生かしたのがパイナップル豆乳除毛クリームです。

除毛クリームの中でも特に独特のツンとした匂いがないということで注目されているパイナップル豆乳除毛クリームは毛の濃さなどにもよりますが大体5分から10分程度で除毛できるそうです。

ちょっとあいた時間にさっと除毛したい方にとって除毛クリームを塗った後に放置する時間が短いというのはとても大切なことなのではないでしょうか。

 

 

また、匂いが少ないだけではなくじっかり除毛できるのに肌へのダメージが少ないということもパイナップル豆乳除毛クリームの魅力となっています。
2625円と決して高いわけではありませんが、一本あたり100gしか入っていないので人によってはコストパフォーマンスが悪いと感じる場合もあるようです。
しかし匂いや除毛効果を考えればもともと薄めだという方などにはもってこいなのではないでしょうか。

 

 

また、もともと人気のあったローションとの併用で肌ストレスの軽減はもちろん、よりムダ毛の伸びを抑えてくれるので除毛の効果を生かすことができます。
クリーム添付後は5分から10分放置し、ティッシュやタオルで優しく引き取るのですが、このとき毛が途中で切れてしまったりしていた場合もう少し長い時間を置くようにするだけでさらに効果が期待できるそうです。

 

 

ふき取ったあとは石鹸をつけて優しく洗い上げることでエステに行ったようなすべすべの肌になるという口コミも多く、ムダ毛処理としてだけではなく、肌のケアとしても期待ができるのではないでしょうか。
専用のヘラもついているので手を汚すことなくクリームを塗ることができるのも助かりますね。
匂いが少なく手汚すこともないうえに短時間での処理が可能なので家事や育児に忙しいという女性にもおすすめです。
やはり効果には個人差がありますがきれいに処理できれば1週間はまた処理をしなくて済むのでさらに楽です。

 

 

パイナップルたと豆乳など肌にも体にも良い天然成分をメインい作られた除毛クリームなので肌への負担も少なく安心です。
普段毎日のようにカミソリやシェーバーで自己処理しているという方やさまざまな自己処理をしても効果を感じられなかったという方は一度気になる部分でパイナップル豆乳除毛クリームを試してみてはどうでしょうか。
ムダ毛処理から生まれる毛穴や肌のトラブルによるストレスから開放されるかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る